--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2006.01.13 *Fri

もうひとつ感想…

お正月映画で観たかった映画、あらしのよるには時間の関係で見れませんでしたが(涙)
さゆりは何とか観る事ができました。
スミス夫妻と迷いましたが…やはり日本贔屓なので(笑)

しかし、観てよかった…!


ネタバレ含みますので…以下略。
まずは、ハリウッドは凄いなあと思い知らされたセット。
街をひとつ作ってた…?ラストサムライの時もそうでしたが…
リアルな町並みと時代背景。流石でした。違和感がなかったです。
それから、日本人でもあまり詳しくは知らない芸者の世界
女の世界独特の恐ろしさも、その時代だからこその悲哀も。
情緒豊かに、そして美しく、チャンさんが演じておられて。
なにより、日本人の俳優さんたちの流暢な英語!
子役の子も素晴らしかった!そして似てた!(笑)
謙さんも渋かった!やはりカッコイイ…ダンディズムです。うっとりです。
でも、役所さんの日本人気質な頑固な役どころで頑なな感じとか
彼の英語の台詞の中で、「さゆり」と呼ぶイントネーションが
日本語っぽくて印象に残りました。
他にもなぜか挨拶が「ごめんください」とか「こんばんは」とか
ところどころ日本語だったのがまた印象深く(笑)
一人の芸者の人生がこんなにも数奇な運命であったのならば、
その時代を生きた人々の人生も如何ばかりだったのかと。
色々考えさせられる映画でもありました。

そして、芸者役の方々の所作の美しさ、動く芸術品という表現まさに。
美しい作品でした。

スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

神流

  • Author:神流
  • 日暮し上等。
    日々まったりと生きてる雌。
    お気に入りは甘味と
    パンとアランジグッズ。









最近のトラックバック



ブログ内検索





Copyright © 日々是我侭に All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。