--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2005.10.29 *Sat

夜空のむこう

先日、雲仙の方に天体観測に行ってまいりました。
天候は晴れ。
冬の気圧配置ということで、風は冷たかったですが
とても良い観測日和で。
観測が始まるまでの間、硫黄の煙(湯気?)立ち込める地獄を散策したりしました。
夜の地獄はライトアップされていて、昼間とはまた違った雰囲気で綺麗でした~そんな中、
立ち並ぶホテルから修学旅行生たちのはしゃぐ声や宴会のカラオケの音などが外まで聞こえてきてて
なんだか面白かったです(笑)

unzen.jpg

目的地に着くまでの夜のドライブも楽しかったですが、
観測場がなんと…雲仙地獄の地熱で地面が暖かい場所で。

寝転がって観る星空のなんて広いこと!

地熱も場所によって違いはありましたが、体感温度は丁度温泉のようで
頬は風に当たって冷たいけれど、地に着いた背中や足はホカホカと暖かく。
おりしも、月は新月。
月明かりのない夜空は、夏の夜とまでは行かないでも満点の星空で。
天然岩盤浴をしながら、耳を澄ませば虫の声がそこかしこから聞こえてきて。
なんというか…陳腐な表現ですが、別世界のようでした。
正面にはペガサス座からアンドロメダ、カシオペアがあって
左手には天の川を挟んだ鷲座と琴座。右手には白鳥座。
夏の大三角形と秋の大三角形がすごく近くにあるとは知らず。
また、望遠鏡では火星とその近くのプレアデス星団(和名は昴!)
も見せていただき、二年に一回しか観られないという火星は
赤い部分と白い部分がぼんやり重なっているように見えたのですが、
その白い部分は実はドライアイスで、バナナで金槌どころではない温度だとか。
気温差が200度近くあるんだそうで…
でも、生物が確認されたのは火星でしたよね~まさに、生命の神秘。

そして、観測中貴重にも流れ星も見ることができまして。
流れ星なんて流星群の時くらいしか目にするものではないので、
一度に5つも見れて、かなりラッキーだったなあと思ってます。
それも、最後のひとつが星痕という流れ星の尾っぽつ付き長いもので。
願い事、多分3回言えてたんじゃないかなあと後になって思いました(笑)

時間にして一時間と少しでしたが、とても良い体験をしました。
今度は夏、降るような星空を見に行きたいですね~

スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

神流

  • Author:神流
  • 日暮し上等。
    日々まったりと生きてる雌。
    お気に入りは甘味と
    パンとアランジグッズ。









最近のトラックバック



ブログ内検索





Copyright © 日々是我侭に All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。